京都電業株式会社

ここから始まる!

社員紹介 京都電業の扱う製品の社会必要性は高まって来ています。 電源事業部 電源営業部  石川 浩通

Q1.京都電業を選んだ理由は?

私がこの会社を選んだ理由は、大きく分けて3つあります。一つ目は、GSユアサや川崎重工業という大手企業の代理店だという点です。会社としての安定性や可能性も感じましたし、スケールの大きな商品を取り扱う仕事にやりがいがあると感じました。二つ目は、人や世の中の役に立てる仕事だという点です。非常時に電源を供給するバッテリーや発電機を扱うことは、ライフラインをつなぐということにもなるので、社会的に意味のある仕事だと思いました。三つ目は、地元の京都・滋賀に根ざした企業であるという点です。長く働きたいと思ったので、自分が慣れ親しんだ土地で働けることも大きな魅力でした。

Q2.あなたの仕事内容を教えてください。

GSユアサや川崎重工業の代理店として、「蓄電池」「直流電源装置」「無停電電源装置」の販売営業を中心に、公官庁や病院、工場向けの「太陽光発電システム」「非常用発電機」の販売、既存のお客様の所に入っている蓄電池・装置の更新等の提案営業など、幅広く営業活動をおこなっています。

Q3.仕事のやりがいを聞かせてください。

自然災害への対策がクローズアップされている現在、弊社の取扱商品は社会的関心度が高くなっています。今後もますます重要視されていく中での営業活動は、とてもやりがいを感じます。また、取扱製品が他の一般的な製品と比べて高額なため、受注につながった時や、取付が無事完了した時の達成感はとても大きいです。

Q4.後輩たちへメッセージをお願いします!

近年、災害・非常時に対するBCP対策の重要性が叫ばれており、官公庁関係をはじめ、京都電業の扱う製品の社会必要性は高まって来ています。一般的に人の目に触れることは少ないですが、社会のインフラを支える重要な製品を扱うため、責任とやりがいのある仕事です。我こそはと思う方は、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。会社の成長とともに、自分も成長していけるような人を待っています。

石川 浩通さんの一日のスケジュール
8:30 朝礼
メールチェック、行動確認
9:30 受注・納品先の現場下見&打ち合わせ
12:00 昼食
13:00 営業活動等
16:00 帰社、メールチェック&取引先への電話対応
見積作成、資料作成、物品手配業務等
明日の準備・事務処理
17:30 退社
出勤しメール等の確認をしてから、事前にアポイントを取っているクライアント先を訪問。現場下見と打ち合わせを済ませ、今後のスケジュールや取付に関する詳細などを確認。午後に帰社してからメールチェックや見積もり作成。明日に仕事に備えて資料などを準備してから退社します。